京都伏見で愛されて半世紀。

四季折々の情感に溢れる山紫水明の京都。
日本の文化の中心として千年の歴史を積み重ねてきた京都。
その京都で創業の小林呉服店は きものとその文化を大切にし
京都だけでなく全国にある産地に足を運び フォーマルからカジュアル、染の着物から織の着物まで
作り手の心を伝えながら本物を適正価格で皆様にお届けいたします。

日本一背の高い着物屋ですが、
日本一腰の低い着物屋です。

当店は、着物の本場ともいえる京都伏見で
昭和四十一年の創業以来、皆様にきものを通じ、
日本の伝統、日本人のおもいやり、
心のやさしさを伝えて参りました。

目指しているものは、
ワンランク上のサービス。

例えば、毎年京都で開催される七月の祇園祭。
全国からお見えになられたお嬢様が浴衣姿に慣れない下駄ばきです。 鼻緒ずれして裸足で歩く姿を目にします。そんなとき当店では「バンドエイド」をお渡しております。

「ちょっとした心づかい。」はうれしいものです。 お客様に少しでも嬉しい気持ちになっていただけるように、そんなサービスをいつも心がけています。