ごあいさつ

四季折々の情感に溢れる山紫水明の京都。
日本の文化の中心として千年の歴史を積み重ねてきた京都。
その京都で創業の小林呉服店は きものとその文化を大切にし 京都だけでなく全国にある産地に足を運びフォーマルからカジュアル染の着物から織の着物まで作り手の心を伝えながら本物を適正価格で皆様にお届けいたします。

経営理念

小林呉服店はきものを愛し、きものの作り手を愛し、愛するお客様と共にきものと日本文化を学び、継承し、心やすらぐ未来を創造することを目指します。

ご挨拶

店主 小林 満のプロフィール

  • この道32年の呉服店店主
  • 1962年京都府伏見生まれ伏見育ち。寅年。二黒土星。
  • 1985年同志社大学商学部卒業、在学中より先代の死去により家業継承。
  • 家業の傍ら非常勤英会話講師として活動。
  • 1998年立命館大学社会人枠国際関係研究科国際関係専攻博士課程前期終了。
    組織行動論、きものの流通と小売店の経営課題の研究。
  • 2006年京都市技術産業研究所(旧染織試験場)の京友禅(手描き)技術者研修、西陣織研修と通し製造の理解を深める。
  • 日本全国の染織製品の産地に足を運び現場を知り職人さんたちの声をきき、きものの深さを日々痛感し感動する
  • 品質が良いものを適正価格で皆様にお届けできるよう、見る目を磨き作り手を愛し、お客様とともにきもの文化を継承し心安らぐ未来を創ることを目指す。
  • 現在小林呉服店店主、納屋町商店街振興組合理事長、なやまっちラジオ パーソナリティー、合同会社KICS事業管理室長
  • 伏見の酒と街をこよなく愛し、食べ歩き、呑み歩き、中島みゆきとカラオケ大好き。
  • 京都ナイトライフにも詳しい。

「日本一大きな?きものやさん」とテレビでご紹介されました。

テレビ特集その1
日本一大きな?
きもの屋さんとその理由とは?
(約90秒)

テレビ特集その2
日本一大きなきもの屋が
日本一のサービスに挑戦中です。
(約90秒)