月の名前 晦(つごもり)

本日3月11日は、旧暦の睦月30日にあたります。第三十日目の月をこう呼びます。

真っ暗で何も見えません。月が太陽に近づき過ぎているからです。

 

晦(つごもり)は「月隠(つきごもり)」が変化したもので転じて、晦は各月の最終日を指すようになったそうです。

明日は朔(さく)、新月(New moon)、第一日目の月です。太陽・月・地球が一直線に並ぶため月は肉眼では見えないのです。

それでも、ウサギはもちつきをしているのでしょうか?!

 

旧暦は、きものの世界にも関係があります。

次回はそのお話を。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう