「きっしょ、きっしょを大切にする」

「きっしょ、きっしょを大切にする。」

京都や大阪では、大事な機会や節目などを「きっしょ」と言います。

吉書: 期日を選んで天皇に申し上げる文書、が転じて大事な節目、機会の意味として使われている。

年末、年始はきっしょやさかい挨拶に行かなあかん。とか、
七五三、十三詣りや成人式、結婚式もきっしょ。
人生の節目節目を大切にしたいものです。
そこでそれを彩るのがきもの!
思い出深いきっしょにして下さい。
もちろん、普段のお出掛けもおきもので。

今年ももう年の瀬を迎えます。
皆様のおかげで、無地に一年を過ごせました。
今年一年本当にありがとうございました。

年内は、31日まで。

年明けは1/3から開店いたします。

6F4021EC-AC20-4EA6-B66C-E565084D741C
店主 小林満

この記事が気に入ったら
いいね!しよう